お腹やせダイエットの食事と運動

気ままな生活を送っていると、ぽっこりと膨らんできやすいお腹は、猫背や内臓下垂によって下がってきた筋肉や脂肪が集まることで起こります。

 

体重

 

つまり、単純な話をすると腹筋などのお腹周りの筋肉が衰えるのが原因とされ、単純なダイエットでは簡単に落とすことができないようになっています。

 

結局の所、お腹の膨らみを抑えるためには腹筋などによって鍛えることが一番ですが、運動が嫌い、動くのが苦手という女性は少なくないので、すぐにどうにかなる問題ではないのです。

 

基本的な運動はジョギングやウォーキングで十分ですが、猫背などの前屈みの姿勢では上半身を支える筋肉が背中に集中してしまい、お腹の肉が下がりやすくなるので注意しなくてはいけません。

 

 

走っている間でも、胸を反らして正しい姿勢でいることが重要になります。

 

 

特に椅子に座っているときは、くつろげる反面、筋肉を使用せずに猫背になりやすくなるので意識して座るようにしましょう。

 

 

運動が苦手という人は、息を吐いてお腹を凹ませるドローインと呼ばれるエクササイズを行うと効果的です。

 

また、食事によって脂肪を増やしてしまうので、なるべく摂取カロリーは低めに行うことが重要です。

 

ただし、カロリーを極端に減らすと栄養まで上手く摂取できず、体調を悪くしてしまうので、極端な食事制限はせず、炭水化物ダイエットを試してみたり、酵素ドリンクなどを使用して置き換えダイエットをしてみると良いかもしれません。